敢えてパーソナルカラーの第2シーズンをお勧めした訳とは

2018年06月11日

こんにちは。


パーソナルカラーと言えば、もちろんご自身の肌や髪や瞳の色と合う色。

合わない色は、その方の魅力を輝かせてくれないどころか、

欠点を強調してしまう…そんな存在です。

じゃ、その人が持っている色と合う色って

魅力的に&素敵に見えるはず、ですよね。

理論的に言えばそれは正解なのだけど…。



実は、たま〜にですが、

この理論が当てはまらない方がおられます。

今日のお客様もそんな方だったんです。



敢えて一番似合うシーズンではなく、

洋服は2番目のシーズンをお召しください、とお伝えしました。


具体的に言うと、

お肌の色とピッタリくる明るさのドレープだと、
明るさが合い過ぎてその中に埋没してしまう…。

結果、

馴染み過ぎてお顔がぼやける、
個性がアピールできない
生き生きした様子が感じられない


という見え方になっていました。

診断結果のままでは、却って残念なことになってしまうのです



明るさという共通点がある第2シーズンの色目を合わせると、

上に書いた見え方とは反対の良い効果が!


こちらが第2シーズンのスプリングから選んだベストカラー。



目元がはっきりして生き生きした表情に見えるんですよ。

ご自身の存在感が際立ちました



こちらが第1シーズンで、お客様のお肌の明るさと一致する色。

サマーの中の淡い色たち。



今日のお客様は、ほんと抜けるようなお肌の色の白さ。

ここまで白い方は珍しいです。

この色をお顔の下に持ってくると、明るさはバッチリなのに、

見た目は・・・



マッチし過ぎると魅力が生かせない、そんな場合もあるので、

パーソナルカラー診断を見る目を磨いていかないと、と強く思いました。

ネットや雑誌でも自己診断ができますが、

特異ななケースもあるので、プロに診てもらうことをお勧めしたいです。

お問い合わせはお気軽に



カラーアイランドのHPはこちらです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
カラーアイランド代表の井上典子でした。







同じカテゴリー(パーソナルカラー)の記事画像
神戸で講演会のホテル下見と打ち合わせ
献血のお礼と昨日の服
【1/28スタート】3回完結「色と顔タイプで似合う服がわかる講座」
明日は姫路みゆき献血ルームでパーソナルカラー診断です
【お詫びと訂正】1/28スタートの講座の詳細に間違いがありました
見た目の微妙な変化が引き起こす「似合う服への影響」
同じカテゴリー(パーソナルカラー)の記事
 神戸で講演会のホテル下見と打ち合わせ (2019-01-22 17:11)
 献血のお礼と昨日の服 (2019-01-18 19:01)
 【1/28スタート】3回完結「色と顔タイプで似合う服がわかる講座」 (2019-01-17 11:43)
 明日は姫路みゆき献血ルームでパーソナルカラー診断です (2019-01-15 19:13)
 【お詫びと訂正】1/28スタートの講座の詳細に間違いがありました (2018-12-30 08:30)
 見た目の微妙な変化が引き起こす「似合う服への影響」 (2018-12-29 22:11)
Posted by カラーコンサルタント 井上典子 at 23:57│Comments(0)パーソナルカラー
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。