無難と言える仕事服なのに私が失敗と感じたその理由は?

2018年08月05日

こんにちは。


英語を教える時はシンプルな洋服を心がけています。

今日のカルチャーさんでの服は、アイボリーのブラウスと黄色のギャザースカート。



な〜んの工夫もないと言うより、実は失敗コーディネートなんです。



さて、どこかわかりますか?

多くの人が問題ないと感じると思うのですが、私としては「しまった!」なんです。


小さな箇所なのでわかりにくいかな…。

ヒントはこちら。


*少しだけ黄色を含んだ白のブラウス
*黄味をたくさん含んだスカート
*ベージュのパンプス

あるアイテムがこのルールから外れててそれが違和感になってるわけなんです。


もうわかりました?それ、多分合ってると思うな~。



使っている多くの色は黄味含んでいるのです←私のパーソナルカラーはサマーですが一部スプリングもOK

が、アクセサリーだけ渋めマットシルバー。

*ツヤなし、
*いぶし銀に近い落ち着き感


黄味ではない色を使ってしまったのでアクセサリーと服が馴染んでない事態になってしまいました。



こちら



写真ではシルバーカラーに写ってなくて…
スミマセン。


わかってるんなら、なんでこれをつけたの?って話しですよね。

実は朝急いでて、今ヘビロテのアクセサリーをついつけてしまってキョロキョロ

カルチャーさんについて鏡を見て気づくという、失態ですタラーッ




洋服の黄味に合わせて首元はゴールドの方が印象がアップします。

そこで、今日18金のネックレスも一緒に合わせてみました。



黄色のスカートを合わせた場合はトップスとの色味とも併せて、やはりゴゴールドの方が馴染んでいます
↑指で片方を隠してスカートの繋がりを見るとよくわかりますよ

イエローベースで着るならアクセサリーもイエローベースで。

ボトムスの色が違うとどちらが良いかそれは個別に合わせてみないとわかりませんが。



ベースカラーを合わせてコーディネートするのがパーソナルカラーの基本です


あなたの肌がイエローベースかブルーベースか知っていると失敗が減り、無難から素敵なコーディネートへが可能になりますね。




気になられたらお気軽にお問い合わせを。

お待ちしています音符



カラーアイランドのHPはこちらです。


最後までお読みいただきありがとうございます。
カラーアイランド代表 井上典子でした。







同じカテゴリー(パーソナルカラー)の記事画像
昨日の仕事服~ピンクと好相性の色~
驚愕の事実!私がひまわりの目の持ち主だったなんて
パーソナルカラーアナリストがパーソナルカラー診断を受けて改めて感じたこと
若々しさを演出するピンクを着ないのはもったいない
色と顔タイプで似合う服がわかる講座の最終回でした
次は2000名さまへのパーソナルカラー診断を目指して
同じカテゴリー(パーソナルカラー)の記事
 昨日の仕事服~ピンクと好相性の色~ (2018-12-16 20:55)
 驚愕の事実!私がひまわりの目の持ち主だったなんて (2018-12-15 23:45)
 パーソナルカラーアナリストがパーソナルカラー診断を受けて改めて感じたこと (2018-12-14 23:43)
 若々しさを演出するピンクを着ないのはもったいない (2018-12-01 21:01)
 色と顔タイプで似合う服がわかる講座の最終回でした (2018-11-30 17:29)
 次は2000名さまへのパーソナルカラー診断を目指して (2018-11-27 17:13)
Posted by カラーコンサルタント 井上典子 at 23:11│Comments(0)パーソナルカラー
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。